Enjoy Time in Everyday

2017年10月07日

誰が秋風が独りで涼しい

秋に遅れないように、立秋のあとに、気温は朝晩は小さくて涼しいけど、昼は熱波さかまく、しかし朝な夕なの温度は、もう適当。

秋に入って、幕落一音一音の蝉の声に。よく見ると、地上に落葉の跡があった。

私たちは、孤独なすぎる、季節の呼びかけ忘れている。その一日、雲間霧海、遠山遠山、山の頂部、私たちは自分のささやかなことが分かった。豊かな秋にうなずいて、一段一段旋回メロディー、もう一度面倒なのを弾いて歳月の章。少しずつ、少しずつ。

私たちは多くの道の人を歩いて、言葉のない歳月の中で最も美しいラブレターを書きました。世界、どの人がずっと私たちの身の回りに付き添うことができますか?ある帰り去って。

あなたを探している人がいて、また人が深夜にあなたのために執筆することはできませんか?

あれらの黄ばむの手紙、靑春て靑春の靑春。今、私たちはますます恐る恐るになり、常に慎重に自分を隠していた。

精緻な、まずく、すべて経験が。

「誰か西風独自涼しくて、目を閉じて窓蕭蕭黄葉、物思い事立夕日。酒莫惊春寝重賭け本消えてお茶をかけ、当時隻道は普通。」

当時は、その後のことはわからないから。

浅秋、ちょい涼渐起。窓辺には薄手、立て立て、気持ちが澎湃。は秋となって、内には熟して、収穫と喜びです。淡い悲しみさえも、重いモザイクが多くなりました。

誰ですか、四季の中で読みますか?

誰が、日月に詩を口ずさむ。

心の奥に秘めているものは、ある深夜あるいはある段、繰り返し現れている。私たちは学会削除と忘れて、しかし多くの胸に刻んでたものは、もう骨にしみる、そのままでやりたい放題の全身の流れ。

その時、私たちは、私たちは、時間と愛を、時間と愛を、私たちは、時間と愛です。

秋までは、過去。

では、なぜ私たちは当時は大事に自分の持っている、このように私達はやっと後に後悔しない自分の道を。最も人を嘲笑させる幼稚さ、それから後に、弥彦の貴重な。

「私は生きていて、日々感じてすべての細い点と些細な、そしてそれらの位置を試みに位置する。」

http://www.mytokachi.jp/laserman123/entry/13

http://laserman123.arzublog.com/post/75102

タグ :


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。