Enjoy Time in Everyday

2017年09月15日

故郷、月の近づくところに

疑わないで、月は故郷の東山昇る;は疑って、月に掛けてあるのはそれだけ故郷の古木に疑わず、月だけ生きて、故郷で無垢な小川で……月は故郷を離れると、魂が覚めないで、故郷は月を離れて、それから落魄。どんなにいつでもどこでも、見つけた月が故郷に帰るので、故郷に近いところで月……

月に近いところに、私は1本の清らかな小川は、幼なじみの小川が、靑年の小川、そして今後の老年の小川……あの小川は江南の柔らかな船がなく、江南優雅な閣、江南古典の橋はありません……ただ波の渓水、歩いた満開の場所、色とりどりの四季に歩いたことがあっても、私の心をそっとに入っても、君の心に入って。私は活発な小さな魚、かつてはどのようにそこで味わって四季の景色を味わって晴れ日の光と雨の中の迷いでは、どのようには源故郷まで泳ぎに孤単の異郷。魚が育つ為に泳いで世界の果てに、月はいつも掛けない故郷に別れを告げて、故郷の空。

江南の中の記憶が、渔舟ばかり歌って遅く、高殿が重なり合い、一枚の優雅な山水絵巻は、優雅な江南。天上の月、水中の月に加え、老木昏鸦、小橋流水、も江南のシックな経典。私の故郷はこの奇抜な経典に、この月の地方に近づくのです。故郷の姿その歌に:低い草屋、苦い井戸水を、1つのよく乾いた小川、未練は小村の週り……

時間は過ぎるのがとても速くて、中秋に通り過ぎて、しかし感じは中秋節に滯在して、故郷の中秋の夜。月が遅れて登ってきて、星もたまたま孤独に何匹、秋の虫を立てない、夜は固まっていて、本当に心配して来ないこの平穏を分かち合う世界に参与し、日も交替して崩れて。山風軒都市の空にするには、遠くないネオンひらりと、遠くの花火もまだ燦然と燈。故郷は静かすぎて、あまり落ち、二つの家の窓から漏れる照明だけて、故郷の数だけ老人、私は思わず声を轻叹。外は強い涼透、母が呼んで部屋に入るので、あの月私など勇気も帰って、母が私に付き添って一緒に送って月餅などの月。山風桂香を送ってきたの時、月ついに登ってきた、あの善眛の目その東山頂見開いて大げさに掛かって、片寄らないあの本の木のスナックにカラス。月が昇る時、全空の星が瞬時にして、全世界の秋の虫瞬間から歌唱、世界のために月が出竅の魂瞬間は、故郷が月の濁った瞬間磨き目。ずっと故郷は一人の老人、むやみに話したり笑ったりしない、厳粛には一人の古い父。元月の下の故郷は、若い女、無言の時間に安閑と軽やかにダンス、体は無気力と恐れて。この刻、私はついに分かった、人々はどうして故郷を母と称した。母は一人の女の子で、月の故郷は永遠にあでやかな女の子ですから……

少年時代の歌もそんな軽快で、これは故郷の歌を、心の底に賛美月:月の光だけに、故郷は化粧を持つて、姉、兄はどこ……月の光、囡児寝つく郷、大根太って、稲麦が黄金色……郷土に月の童謡質素についても迷って、かわからない糸口が、しかし心の中の鏡のような澄んで、傷んだ。

故郷は永遠に待っている彼の家族、故郷の月もなど彼の家族、故郷の愛は汚れた、故郷の月の愛は汚れた。どんなに官、君も落ちぶれて、故郷や故郷の月はすべての愛を捧げても、離れないで見捨てないであなたの帰りを待つ。友達で、あなたが見上げ望月時うつむき故郷ましたか?春風が川の南岸の南岸になった時、あなたは月明かりはあなたはまだですか?日日の入りは天涯には、月に故人が来て、故郷にはあなたの月を殘。

いつも若い都市の街角に立って、慨嘆同僚と一緒に重い十字架を背負っている人生ですか、軽薄に悪友と分かち投機勝利後の緑の酒、これらの時有頂天になって、赤子の手を捻る自分の半分を渡した異郷に渡した陌君土。月が昇る時、家族と一緒にたわむれ、妻子と共に眠る、故郷はLaipei人の夢。これはやっと発見して、あなたに全体の自分は故郷のは、故郷の月、それどころか、さらにごとの来世あなた……

友人に関係なく、世界はどんなに狂気に関わらず、世事どんなには予断を許さない限り、あなたの心の帰り道、月はあなたに付き添って夜明けまで!

http://www.everyonetobuy.com/laser-pointer-mw.html

http://blog.everyonetobuy.com/2017/09/14/laser-technology-in-the-led-industry/

https://www.socialstrata.com/support/topic/laser-technology-in-the-led-industry  
タグ :想い


Posted by qusiba at 10:25Comments(0)故郷